ペットたちは神様の遣い?

こんにちは。アニマルヒーラー新月です。

 

12月に入り、だんだんと寒さも本格的になってきましたね。

私は寒いのが大の苦手なので、また神社からお呼びかかかると雪だったりする可能性があり今からちょっと不安だったりします。

空気も乾燥しているので、皆さんも頻回に水分をとったり、加湿したりして風邪には気を付けて下さいね。

 

さて、うちの愛犬ポンタも13歳。

冬になるといくら柴犬=日本犬とは言え、おじいちゃん犬には寒さが肌にしみるのでしょうか。

冬は寒いらしく、もうそろそろ嫌いな服を着せなくてはならないかなと思ったりします。

 

本日のお話は『ペットは神様の遣い』についてお話したいと思います。

皆さんは眷属(けんぞく)という言葉を知っていますか?

 

眷属って簡単に言うと、例えば神社にいる狛犬などのこと。

神社には中心に大きな神様がいて、鳥居の両脇に狛犬やキツネ。

場所によっては牛や馬などがいるのを見たことはありませんか?

 

昔からある神社にも牛や馬など守ってくれる存在がしっかりいたのです。

そう、神様の遣いには必ず小さな動物たち=眷属という存在がいます。

眷属たちは何をしているかというと

神社の場合、人がたくさん出入りするため結界の強化と人がもつ穢れに神社がさらされないように神様を守ってサポートしているのです。

神社は、とても神聖な場所なのでいつでもクリーンにしておかないと魔が入って空気も濁ってしまいます。

メインの神様を守るための補佐の役割はとっても重要なのです。

 

動物って不思議ですよね。

純粋な存在であり、高い波動を持ち、かつ不思議な高次の存在でもあるのです。

このように、実はあなたが飼っているペットちゃんも実は神様からの眷属なのです。

動物という小さな着ぐるみのようにかわいい体に眷属という高次元の魂が収まっているのです。

 

よく

「うちの子、人間みたいなしぐさをしたり表情をしたりするから絶対動物じゃない」

なんて感じることはありませんか?

高次元=頭のいい魂が入っているペットたちは動物という着ぐるみを着ているだけで実は飼い主さんより様々なことを先に予測したり、飼い主さんに災いや嫌なことが起きないように全身全霊で守ってくれているのです。

 

小さな体で、あなたを守ってくれているってすごくありがたいし心強いですよね。

ペットはあなたをいつでも一番に考えています。

気が付かないかもしれませんが何かあった時に大きな役割を果たしているのです。

あなたがペットと守っているようで、実はペットもあなたをいつも愛情いっぱいに守ってくれているんですよ。

小さなペットから私たちは毎日学び、守られて本当に幸せですよね。

これからも、皆さんが少しでもペットと仲良くなれるようにペットについての配信を定期的にしていきます。

 

今日もハッピーな一日を。
🍀新月の公式LINEへのおともだち登録をぜひお願いいたします🍀

 

🍀アニマルコミュニケーション専用HP🍀

北海道、青森、秋田、宮城、東京、千葉、神奈川、埼玉、茨城、群馬、長野、愛知、兵庫、広島、熊本、福岡、高知のスピリチュアルカウンセリング・アニマルコミュニケーション・ヒーリングなら新月
http://shingetsu-uranai.com/


相談受付時間:15時~25時
定休日:不定休

お気軽にお問い合わせください